CPAP(シーパップ)の個人輸入は薬監証明や通関など、難解な手間がたくさん

subpage01

CPAP個人輸入に当たり手続きを調べていくと、通関や薬監証明など、理解しずらい面倒な書類の用意や手続きがたくさん出てきました。

正直すぐに心が折れてしまい、時間がある時にやろうと放置。恐らくこうなってしまうと思います。

必要な書類としては、診断書、厚生局の承認を得た薬監証明、AWB(エアウェイビル)などなど。。
書類の記載や準備だけでも大変なのですが、その送付や実際にそれで書類の不足が不備がないかなど、不明瞭で不安がある上に、各手続きごとに待ち時間が発生します。

そういう諸々の手間やストレスを考えた際、一番良いと思った選択が個人輸入代行を利用することです。
これは簡単にいうと、その面倒な手続きを代行してくれる仲介サービスです。

もちろんその分価格は上がってしまいますが、日本で買うよりはるかに安い価格で、海外購入のリスクも手間も軽減できるなら安いものだと思います。

また個人輸入代行をしている会社の中でも、通関や薬監証明などの書類手続きや、関税の支払いを代行してくれない会社さんもありますので、その点は前もって確認しましょう。

私が選んだ会社さんは、診断書だけ送付すれば、手続きは全て先方で対応してくれ、商品の到着を待つだけだったので時間や手間もなく、無事購入できました。